やっほーー!!

前回のブログの紹介で、
次回は、とびっきりの駄文をかましまっせ!!
と書きました。

でも、タイトルの「やっほーー」は、喜びを表す感情表現であります。
この3日の間に、「やっほーー」なる出来事がありました。
そうです、初めてオーダー店にご注文が入りました。
う、う、うれしいです!!
オーダー店も、この一歩から始まっていくと思います。
お買い上げのお客様、誠にありがとうございました。
オーダー店は、こちらになります。

さてさて、予告どおり駄文を書きたいと思いますが
駄文を書こうと思うと、難しいのです。
一生懸命に書いた結果、駄文だったな、
ということは、ままあることですが、
駄文を目的に書こうとすると
自分の内面のいやらしさが露呈し、恥ずかしいのです。

なので、今も勉強中の「色」について
書こうと思います。

色彩に関する本を読むと、
初めに、三原色のことが書いてあります。
赤、青、黄
全ての色は、この三原色が作ることができる
とあるのです。

そして、色の歴史的な話になると
ゲーテとニュートンがでてくるのです。
どちらも古い人です。

ゲーテは、補色をみつけた人で、
赤色をじっと見ていて、白い壁に目を移すと
緑に見える、と言いました。
これは、心理補色というもので、
赤を見ているうちに、
脳が反対の色を欲しがるそうなのです。

ニュートンは、リンゴが落ちるのを見て
「万有引力」を発見した人です。
なぜ、発見できたのか?
それは、赤リンゴをじっと見ていたからであります。
赤リンゴをじっと見ていたら
青リンゴと黄リンゴを発見しました。
これは、補色関係にあるリンゴを発見したのではなく
別の種類のリンゴを発見しただけです。

そうです。
ニュートンが発見した、赤りんご、青りんご、黄りんごが
光の三原色の発見につながりました。
という話は、今、私が作りました。
ってへ。

ちなみに、毒リンゴを食らったのはシンデレラではありません。
白雪姫の方です。
そして、毒リンゴを作ったのは、白雪姫の継母です。
皆様、ご存知でしょうか?
白雪姫は、三回お亡くなりになっています。
一回目は、紐で首を絞められ、息絶えましたが
小人が紐を切って、復活!!
二回目は、毒の櫛を頭に刺されて、息絶えましたが復活!!
三回目に毒リンゴが出てきます。
普通、ここまで命を狙われていると、
気を付けるものですが、食べちゃうんですよね。
で、ここからの復活劇は、王子様がでてくる有名な話ので、
省きます。

のちに、白雪姫と王子様は、結婚するのですが、
その披露宴の席で
王妃(継母)は真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ、
死ぬまで踊らされる。

って、wikiに書いてあるのですが、本当かなぁ。

あれっ、色の話は、どこにいった?
というか、
今回のブログは、どこまでが本当の話か、
信じるか、信じないかは、あなた次第!!

本日は、この辺で、ご勘弁を。

               織り織り坊主

ほわほわ仲間募集 補佐役応募

編み物・手紡ぎ・手織り・羊毛系ハンドメイドのお役立ち情報サイト「ほわほわの手仕事倶楽部」はこちら

手紡ぎ糸の専門店「ぽわぽこ毛糸店」本店はこちら

手紡ぎ毛糸オーダーshopはこちら

織り織り坊主 ツイッターはこちら

関連記事

ほわほわ仲間募集のお知らせ

ほわほわ仲間募集   情報募集  

ぽこさんからのお知らせ

  1. 登録されている記事はございません。

ほわほわ新着情報

  1. 登録されている記事はございません。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ぽこさんへ連絡

情報提供

会員登録
ぽわぽこ毛糸店のお買い物が8%引きになりますため、ショップの会員登録が同時に行われます。登録画面がショップへ飛びますが、エラーではありません。

補佐役応募

お問い合わせ
ページ上部へ戻る