織り織り坊主の成り立ち3

ほんとにですね、
私の成り立ちがいつまで続くのか、不安になってきました。
まだ、本格的に糸紡ぎが始まっていません。

前回は、アナンダさんで、初めて紡ぎを経験したところで
終了しました。

やっぱり、糸紡ぎはおもしろかったです。
作業としては、同じことの繰り返しですが、
これが精神的に落ち着く気がしました。
(もうちょっと慣れてくると、
 糸の太さの均一性にこだわるようになり、
 精神的に落ち着かなくなるのですが、、、)

紡ぎ車を手に入れて、家でもやってみたいなぁ。
と思ったのですが
思いのほか、高価なのです。
中古品でも、数万はしていたので、どうしたものかと
しばらく、うじうじしておりました。

話、変わりまして。
第1話で、独り身になったことを書きましたが
これのついで、と言ってはあれですが
それまで勤めていた会社を辞めまして
時間的に余裕のある身となっていました。

季節は夏を迎える頃になり
出かけるには、気持ちのいい季節。
長野の山の中で、半自給自足生活をしている
友人がおりまして、その方を訪ねがてら
旅行しようと思い立ち、車に布団を積んでGO!!
(道の駅で、車中泊するタイプの貧乏旅行です。)

友人のところに、行きまして
ひとしきりしゃべったり、食べたり飲んだりして
一服しようかな、という頃に
友人が、最近、おもしろいことを始めたと
奥の部屋に誘われ、行ってみると
足踏み式の紡ぎ車がありました。

どっ、ぴょ~~ん!!
こういう事ってあるんですね。
自分も、実は、これこれしかじか、こういう訳で
紡ぎをやったと、ひとしきり盛り上がりましたよ。

ただ、友人は紡ぎに苦戦していたので
それならば、アナンダでばっちり講習を受けた
この腕前をご披露しようと、やってみたのですが
全然、紡げませんでした。

どうやら、はずみ車の軸がずれており、
うまく回転しなかったのです。

やばい、やばい。
友人には、30分も練習すれば、紡げるようになるよ。
と大口を叩いていたので、不穏な空気が流れ始め
皮一枚でつながっている私との信用が切れ掛かっている
ことを感じとり、
「よし、この紡ぎ車を直したるで。」
と、なんの根拠も無く言ってしまいました。

実際のところ、吉祥寺のアナンダさんに持ち込んで
泣きつこうとしたのですが、、、

それで、アンンダさんのHPをよく見ると
小淵沢にもお店(こちらが本店)があることがわかり、
ちょうど、長野から東京への帰り道の途中だったので、
こちらに泣きつこう、出発しました。

つづく

本日は、この辺で、ご勘弁を。

               織り織り坊主

ほわほわ仲間募集 補佐役応募

編み物・手紡ぎ・手織り・羊毛系ハンドメイドのお役立ち情報サイト「ほわほわの手仕事倶楽部」はこちら

手紡ぎ糸の専門店「ぽわぽこ毛糸店」本店はこちら

手紡ぎ毛糸オーダーshopはこちら

織り織り坊主 ツイッターはこちら

関連記事

ほわほわ仲間募集のお知らせ

ほわほわ仲間募集   情報募集  

ぽこさんからのお知らせ

  1. 登録されている記事はございません。

ほわほわ新着情報

  1. 登録されている記事はございません。
2019年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ぽこさんへ連絡

情報提供

会員登録
ぽわぽこ毛糸店のお買い物が8%引きになりますため、ショップの会員登録が同時に行われます。登録画面がショップへ飛びますが、エラーではありません。

補佐役応募

お問い合わせ
ページ上部へ戻る