織り織り坊主の成り立ち5

はい、今回は成り立ちパート5になります。

前回は、アナンダの紡ぎ織りの合宿に急遽参加して
白い髭のアナンダ代表から、ある紡ぎ方を教わるところで
終了しました。

その紡ぎ方は、ロングドローと呼ぶ人もいますし、
正式には、イングリッシュ・ロングドローと呼ぶのだ、
という人もいます。

何が衝撃的だったかというと
これまで習った方法は、
ちょっと毛を引っ張り出して、撚りを掛けて
ちょっと毛を引っ張り出して、撚りを掛けて
の繰り返しでした。

これをですね、
しばらく、毛の塊りに撚りを溜めて、
一気に、ビヨ~~ンと引っ張るのです。

参考動画がこちらです。

なんか、動きがかっこいいじゃないですか
アクションが派手でいいです。
ちなみに、この動画の方は、Longdraw Jamesさん
ロングドロー界では、有名な方です。
おらに若干似ているんじゃないか、という噂です。

あぁ~、嘘です。
おらは、こってこての日本人です。
というか、彼とは真逆のハニワ顔。

この紡ぎ方のいいところは、
糸の芯の部分は、しっかりと撚りが掛かるのに対して
外側は、ふわふわを保っている糸になるのです。
織物に最適的な糸になります。

ただ、難しいのですよ、この紡ぎ方が。
特に毛の繊維が長いと、紡げません。
私はこのことを知らずに、
しばらく長い繊維の毛で格闘しておりました。

ちょっと、話が脱線しましたね。
元に戻します。

アナンダで修理方法を学び
というか、持ち込んだ紡ぎ車を直して頂いたので
また、長野にUターンして、
友人に直した紡ぎ車を渡し、
紡ぎ方を伝授して、帰宅することにしました。

で、ですね、
前回のブログで、この地域に紡ぎ車が
たくさんあるとお伝えしました。
なんと、紡ぎ車を一台お借りすることが
できるようになったのです。
ただし、ある条件付きだったのですが、、、

この条件をのめば、紡ぎ車が手に入る、、、

う~~ん、
5秒ほど考えて、O.K.しました。

その条件とは、
この長野の山に移住して
紡ぎ、織り、染物の教室を手伝う
ということでした。

つづく

本日は、この辺で、ご勘弁を。

               織り織り坊主

p.s.1

新着毛糸のご紹介です。

屋号 :kmt糸と羊毛の店
商品名:Mt8) キャンディミックスの手つむぎ糸
詳細は、こちらから

超カラフルヤーンになります。
春に向けて、はじけちゃって下さいませ。


*画像をつつくと大きくなります。

p.s.2

『あなた色の毛糸』の制作の合間に
シルクメリノを紡いでおります。
きらきら~~ん。


*画像をつつくと大きくなります。

ほわほわ仲間募集 補佐役応募

編み物・手紡ぎ・手織り・羊毛系ハンドメイドのお役立ち情報サイト「ほわほわの手仕事倶楽部」はこちら

手紡ぎ糸の専門店「ぽわぽこ毛糸店」本店はこちら

手紡ぎ毛糸オーダーshopはこちら

織り織り坊主 ツイッターはこちら

関連記事

ほわほわ仲間募集のお知らせ

ほわほわ仲間募集   情報募集  

ぽこさんからのお知らせ

  1. 登録されている記事はございません。

ほわほわ新着情報

  1. 登録されている記事はございません。
2019年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ぽこさんへ連絡

情報提供

会員登録
ぽわぽこ毛糸店のお買い物が8%引きになりますため、ショップの会員登録が同時に行われます。登録画面がショップへ飛びますが、エラーではありません。

補佐役応募

お問い合わせ
ページ上部へ戻る